かわいいペットを購入するにあたって、知っておきたいお金のこと

わが家のかわいいペットは犬2匹です。2匹ともトイ・プードルで、女の子と男の子です。1匹目は去年の夏、7月にわが家にお迎えしました。初めての犬、購入前には念入りに検討しました。犬との生活はこれまで経験がなかったので、わたし自身、うまくしつけることができるのか、毎日お散歩に連れて行く時間を確保できるか、犬の保険はどうするか、ワクチンやフィラリア予防などの医療費はどうするか、犬のお家はどこにするか……などなど。不安がいっぱいでしたが、今では、犬がいない生活なんて考えられないほど、かわいいペットとして犬を飼ってよかったと思っています。


犬を購入するにあたって、検討したポイントを、費用の面から整理してみました。犬を購入するためには、ペットショップで購入する方法と、ブリーダーさんから直接購入する方法があります。その他にも、知人がら譲り受ける方法もあります。わたしはペットショップで購入しましたが、トイ・プードルだと10万円から30万円ぐらいの幅があるようです。オスよりもメスのほうが高い傾向にあります。メスのほうが育てやすいと言われていますので、メスを購入したい場合は、費用も高くなることを覚悟しておく必要があります。ブリーダーさんから購入するともっと費用がかかります。ブリーダーさんの理念や繁殖へのこだわりによってお値段は違うようです。最近は、ウェブサイトで子犬情報を後悔しているブリーダーさんが多いので、ブリーダーさんからの購入を考えている人は、直接ウェブサイトをこまめにチェックして、価格相談をしてみるといいと思います。


犬を飼うとなると、犬自体の購入費以外にも、犬をお世話するための費用がかかります。かわいいペットも生き物ですから、体の健康を保ち、長生きしてもらいたいですよね。必ずかかるのは、食餌代とペットシーツなどの日用品の代金と病院での医療費です。特に医療費に関しては、ワクチンが年に1回で6000円ほど、狂犬病予防の注射も年に1回で3000円ほど、フィラリアの予防に年に2000円ほどは必ずかかります。合計で10000円ちょっとは最低でもかかると思っておいたほうがいいでしょう。その他、犬は我慢強いペットですが、ときには食あたりで下痢や嘔吐をしたり、ジャンプした瞬間に骨折したりすることもあります。そのときには、人間と同じで病院で治療してもらいますが、人間と違うのは公的な医療保険がない点です。民間の動物用の保険に加入する場合は、年に20000円ほどかかるところもあります。